はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

自宅でAGA克服■アイドラッグストア ■爽快ドラッグ ■医薬品@通販 ■ネット総合病院 ■アマゾン ■オオサカ堂 〇shoptop
はげない人★45年の全記録(moshimo) ★はげない人の10の生活習慣(はげないどっとこむ Produced by wowma) 

薄毛治療の最終手段~AGA専門クリニックの基本は「止める」「生える」

AGA治療専門クリニックとは
AGA治療は医療保険の適用はありませんが、AGA治療薬が存在します。一般的に知られる治療薬が、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジルです。
AGAは、5αリダクターゼとテストステロン(男性ホルモン)が結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、毛母細胞で脱毛指令を生み出すためにヘアサイクルが乱れるという流れで解説されています。この5αリダクターゼは「1型」と「2型」があり、皮脂腺に多く皮脂量に関わっているのが「1型」です。また、毛乳頭部分に多く存在するのが「2型」です。
プロペシアは「Ⅱ型阻害薬」、ザガーロは「1型・Ⅱ型阻害薬」と言われており、一般的にはザガーロを処方した方がAGA治療効果は高いと言われています。
加えて、AGA治療にはミノキシジル外用薬を使います。「止める」「発毛する」という2つのアプローチに直接働きかけることで、AGAの治療を行っています。血中のDHT量を抑えるという医学的な根拠に基づいた治療を行っているのです。

大都市圏に集中して地方の小さな都市にはまだ少ない
AGA治療は、薄毛や抜け毛を減らす対策として「有効」であることは間違いありませんが、2つの大きなネックがあります。1つは「料金」の問題、もう1つは「立地場所」の問題です。
「AGA治療」で検索すると、ほとんどが東京や神奈川、埼玉にあるAGA治療専門のクリニックです。最近、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡といった政令指定都市にも誕生していますが、数は多くありません。
そこで、流れにも3つの変化が出てきました。AGA治療専門クリニックの中には全国から受け付けたり、美容整形クリニックの参入と、地方都市であれば皮膚科がプロペシアの処方をするようになってきています。確実な治療を望むなら、皮膚科ではなく専門医を選ぶに越したことはありません。その理由は簡単です。症例を多く知っているということと、専門のクリニックであればプロペシア以外にもザガーロやその他独自に開発した医薬品を使う施設もあります。
単純に「プロペシアを処方すれば治療できる」というものでもありません。前述のとおり、プロペシアは5αリダクターゼ1型阻害薬です。2型、つまり前頭葉や頭頂部に多く存在するという2型にはザガーロの方が有効なのです。そうした、治療実績や処方する治療薬の違いもあるので、できるだけ専門医に診てもらい治療を行う方が早い段階で、確実に成果を生み出す可能性が高いと言えます。専門医でも、効果は100%ではありません。
もう1つの問題は、料金です。プロペシアやザガーロなどの医薬品、あるいはミノキシジル外用薬、そして診察を加えると毎月2万5000円程度の予算を確保する必要があります。全国から受け付けるクリニックの中には、最初の診断を除けばあとはスマホで対応して処方するところもあり、またジェネリック医薬品を使うことで1万円程度で治療できる施設も登場しています。
安心、安全、予算、そういったことも考えて、無料相談を受けると良いでしょう。多くのクリニックは無料相談を実施しているので、安心して治療に入ることができます。

AGA専門クリニックを選ぶときの3つのポイント
AGA治療を行うクリニックは、料金も対応する治療方法も違います。基本は同じですが、方針などによって独自開発薬はもちろん、ジェネリック医薬品を使うなどの違いがあるので、最初にしっかりと確認しておきましょう。無料カウンセリングを受けるときの3つのポイントを挙げておきます。

ほとんどのクリニックはスタッフが無料相談に応じていますが、一部、医師が担当するクリニックもあります。スタッフは若い女性が多いようですが、中には「治療をしない」とわかった途端に態度が変わるクリニックもあるようです。家系などのヒアリングが行われますが、親身になって考えてくれる対応の丁寧なクリニックを選ぶと良いでしょう。
もっとも大事なポイントは、治療方針と毎月必要となる料金です。治療薬を使う治療は2万5000円程度必要ですが、場合によってはジェネリックで対応してもらえるので1万5000円から2万円で抑えることもできます。こうした説明をきちんと理解するようにしましょう。また、ミノキシジルは通常、「外用薬(塗布するタイプ)」で使用しますが、中にはタブレット剤(飲むタイプ)を出すクリニックもあります。リスクは高くなりますが、発毛効果は高いと考えられています。
また、最近は成長因子などを注射によって頭皮に注入する治療も行われています。薄毛がかなり進行して頭皮が硬く突っ張った状態を回復するための治療法として進化していますが、AGA改善の可能性と治療法、料金はしっかりと確認しておきましょう。
最後に、AGA治療は「止める」と元の状態に戻るということを認識しておく必要があります。プロペシアなどによって血中のDHT量が抑えられた状態を維持するため、服用を止めるともとの量に戻りAGAの進行が抑えられなくなるためです。また、ミノキシジルを止めても次第に作用は効果を持たなくなります。AGA治療は長期戦です。計画を立てて、長く治療を続ける覚悟が必要です。

AGA専門医による治療は費用負担の問題さえクリアすれば解決する

羽毛真千が抱える次の問題とは?
AGA専門クリニックでの治療は未成年は基本的に行わないようです。その理由は、発毛剤であるミノキシジルに未成年への使用データがないためであると考えられます。第一類医薬品のリアップも未成年の使用は控えるようにしていますし、65歳以上の使用も止めるように注意書きが載っています。
羽毛真千ももうすぐ65歳になります。つまりミノキシジルに頼ることは難しくなると考えられます。健康上のリスクもあるでしょうが、実際には年齢を重ねると細胞自体が衰えてきます。60代のAGA発症率が50%を超えていることを考えれば、年を取るとやはり覚悟しなければならないのかもしれません。
しかし、朗報もあります。ある美容整形外科医は植毛をしているようです。自分で写真付カミングアウトしていましたから間違いないでしょう。つまり、AGA専門医の治療にも限界があり、植毛によって解決しなければならないこともあるということです。

しかし、AGAが壮年性脱毛症とも言われるように20代から50代の男性の対策はプロペシアやザガーロを飲むことによって血中のDHT量を一定レベルに保つことで抜毛の進行を押さえることと、もうミノキシジルによる血行促進から発毛につなげる治療法があります。自宅で行う医薬部外品のケアでも、生薬由来成分によってこの2つの要因を緩和する効果によって成り立っています。
そこで、AGA専門医への相談をする場合を考えてみましょう。家系や生活習慣などと状態を見れば、AGAであることは判断できます。そこで問診も行い体質をチェックし、治療を開始します。
AGA治療に踏み切ろうとする人たちのなかには、植毛も視野に入れているかもしれません。しかし、植毛はある程度ハゲの状態が進行してから行うのが一般的です。専門医も、まずフィナステリドやデュタステリド剤の服用とミノキシジルの塗布による治療を勧めます。その理由は2つあります。
 ①抜毛が著しく進行しているときは植毛してもデザインが崩れること
 ②AGA専門医が必ずしも植毛専門医ではないということ
つまり、お客様を逃してはいけないという思いも、当然あるということです。ともあれ、植毛にもリスクはあります。
まず、AGA専門医の治療を受けて「抜け毛を止める」「発毛効果につなげる」ということは絶対に必要な行動です。植毛をしてすべての悩みを解決しようと考えるよりも、段階的なステップを踏んで確実に治療していくことの方が安全で賢明なやり方です。
焦らず取り組むこと、これは自宅ケアやサロンの利用でも同じことが言えます。その段階に応じて、きちんと取り組んでいけばおのずと良い結果につながります。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ


解説ページはこちらをクリック⇒

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る