はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|

育毛サロンのメリットは「丁寧なケア」~個人輸入の薬を勧めるところはアウト

AGA改善につながる3つの最善策
AGA改善のための最善策(方法)は3つあります。「治療」「頭皮改善」「発毛改善」です。
「治療」は主に、血液中のDHT(ジヒドロテストステロン)量を一定程度に抑えることで、遺伝によるAGAの作用を抑える方法です。合わせて、ミノキシジルによる発毛促進を行います。
「頭皮改善」とは、文字どおり頭皮の「柔軟」「保湿」「血流」などの改善効果です。AGAが進むと、頭皮は硬く、薄く、冷たくなっています。ストレスによって硬直化している場合もありますが、加えて、乾いたフケ、湿ったフケが大量に出る場合もあります。よく頭皮は「畑」に例えられますが、肥沃な土地でなければ良質の野菜は育たないことと同じように、頭皮が痩せてしまっては髪の毛は育ちません。 髪の毛が育つためには、細胞がしっかりと再生される必要があります。
「血流力」「バジル領域を含めた豊富で活発な細胞再生力」「健康で柔軟性のある頭皮」などが関わって、髪の毛が育つ環境が改善されます。
「発毛効果」とは、ミノキシジルに代表されるような有効成分です。ミノキシジルはもともと高血圧治療薬として使われていたのですが、多毛症が見られることからAGA治療薬として使われるようになりました。日本でも厚生労働省が「治療薬」として認めています。
ミノキシジルは、血流促進効果とともに発毛に必要とされる「成長因子」に作用すると言われています。メカニズムは明らかではないようですが、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)のように栄養分を血管から供給することで発毛作用につながるという効果も言われるようになっています。いずれにしても、ミノキシジルの発毛効果はAGA治療専門クリニックでも、リアップでも認められています。

育毛サロンとAGA専門クリニックの違い
育毛サロンは、AGA治療専門クリニックではありません。したがって、医薬品を処方することはできません。クリニックや地方都市の皮膚科だと、プロペシアやザガーロ(皮膚科では処方しない場合もある)といったAGA治療薬を処方します。
AGAは、5αリダクターゼとテストステロン(男性ホルモン)が結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、毛母細胞で脱毛指令を生み出すためにヘアサイクルが乱れるという流れで解説されています。この5αリダクターゼは「1型」と「2型」があり、皮脂腺に多く皮脂量に関わっているのが「1型」です。また、前頭葉や頭頂部に多く存在するのが「2型」です。
プロペシアは「1型阻害薬」、ザガーロは「1型・2型阻害薬」と言われており、一般的にはザガーロを処方した方がAGA治療効果は高いと言われています。
加えて、AGA治療にはミノキシジル外用薬を使います。「止める」「発毛する」という2つのアプローチに直接働きかけることで、AGAの治療を行っています。血中のDHT量を抑えるという医学的な根拠に基づいた治療を行っているのです。
しかし、育毛サロンはこうした医療行為はできません。では、何をするのでしょうか。
その答えは、「頭皮ケア」です。サロン専用の育毛剤もシャンプー、サプリメントもありますが、基本はサロンで行う「施術」がサービスの生命線です。

10年間通った育毛サロンの実績は「?」だが「×」ではない!
では、自宅ケアと比較しながら「施術」の効果を検証してみましょう。
育毛サロンの特徴として、大きく「専用アイテム」「カウンセラーによる施術」「カウンセリング」の3つ挙げることができます。
このうち「専用アイテム」については医薬部外品や化粧品のカテゴリーに入るケア製品なので、治療効果ほどの効果は期待できないでしょう。メリットは「カウンセリング」や「サロンでの施術」という点です。施術と、本当に親身になってくれるカウンセラー力が問われています。
まず、状態を知ることができます。もちろん医師ではありませんから、皮膚トラブルなどの症状に対処することはできませんが、「皮膚がどのような状態にあり」「抜け毛の原因と進行の可能性」を客観的に評価することはできます。毛穴の皮脂や汚れの判断も可能です。
通常、AGAが進行している男性の頭皮は毛穴が詰まっていたり、赤茶けた色をしています。こうした判断と、次に「サロンの施術を行うことによる結果」をシミュレーションすることができます。
赤茶けた頭皮を、いわゆる健康な頭皮の色「薄青い」状態に戻すことはサロンの施術でも一定の効果が見られます。その理由は、「施術」による皮脂の丹念な揉みだしをしながらのシャンプーや、頭皮に酸素を照射するなど頭皮をリラックス状態にして、頭皮への刺激が少ないサロン独自の育毛ローションを塗布する丹念な頭皮ケアから生まれるものです。
つまり、羽毛真千がバイオテックの例でいえば、赤茶けた頭皮の状態は少し改善し、結果的にAGAの進行を遅らせる効果につながった可能性は否定できないものでした。治療効果としては「?」だけれども、専門の知識や経験をもとにしたカウンセラーの施術は「×」ではないということです。

育毛サロンを選ぶときの3つのポイント
最近、AGA治療が進化して自宅ケアから育毛サロンよりも専門クリニックで治療を受けるケースも増えています。専門クリニックが大都市圏を中心に、少しずつ地方都市にも広がっているという背景もあります。しかし、特に若い人たちは副作用の不安もあり治療まで踏み切れないというケースもあるでしょう。やはり、自宅ケアやサロンでなんとか改善したいと考えることも普通の心理です。
そこで、まず最初に確認しておく3つのポイントを紹介します。

最近は、毛髪診断士という資格もあります。こうした有資格者がいる営業所(サロン)なのかということは重要です。また、料金体系をしっかりと確かめましょう。初期費用、サロンで受ける施術料金(1回)と育毛剤やシャンプーなどの購入費用、関連機器の購入費用など、必要となる費用をすべて公開しているかどうかは重要です。悪徳サロンにひっかかると、追加料金を提案します。大手でも安心してはいけません。徹底的にヒアリングを行うことが重要です。
ネット情報では、ある大手サロンが「個人輸入薬を売りつけた」という情報がありました。自分で買えば数千円で購入できるものが、倍以上の料金だったそうです。AGA治療専門クリニックで処方するプロペシアやザガーロのジェネリック薬品はネットの個人輸入サイトで購入することができます。あえて、育毛サロンで購入する必要はありません。このような提案をされて料金を請求されたら、即、サロンを脱会して消費生活センターなどに相談をするようにしましょう。
悪徳業者に引っかからないため、さらに改善もしないのに無駄な時間と経費を費やすことがないよう、サロンを選ぶ場合は、料金と信頼性をきちんと確かめて利用しましょう。料金を公開しない、あるいは最初の相談時に明確に答えない業者は止めましょう。
育毛サロンの答えは「髪の毛が生える」ではなく、「頭皮が改善し、抜け毛が抑えられるか」です。信頼できないサロンは、即日退会という強い態度で臨む覚悟を持っていれば、羽毛真千のように10年間という長い間、上手に付き合うことも可能です。必要のないサプリメントは買わなくても良い、そういう選択の自由がないサロンは止めておきましょう。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ

AGA治療薬プロペシアの主成分としてとして知られる「フィナステリド」を1%配合、さらにAGA治療の外用薬ミノキシジル5%配合の育毛剤です。AGA治療専門クリニックの治療と同じ成分のAGAケアが自宅でできます。フィナステリド剤は「飲むタイプ」ではないので副作用のリスクも小さい点がプロミノが注目を集める大きな理由です。

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

アデランス育毛体験実施中!
  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る