★今日から始める育毛習慣→ 毛根活性| 血流促進| 頭皮洗浄| 生活習慣| ストレス軽減|=40年間抜け毛と戦い続ける羽毛真千の実践マニュアル [それでも髪の毛は生えてくる]

育毛シャンプーだけで抜け毛が減るというほど特効薬はなし

■ 育毛シャンプーの目的は、大きく
 ・頭皮と毛穴に溜まる皮脂の除去
 ・頭皮柔軟化と血流促進
 ・育毛剤同様の成分配合による抜け毛予防効果
の3つが考えられます。ネット通販でもドラッグストアでも同じですが、ネット通販には抜け毛予防に直接効果的な成分を含む育毛シャンプーがあります。その効果はまた、毛乳頭へのアプローチによる細胞の活性化と血流促進、さらに5αリダクターゼの影響を抑えるという2つがあります。シャンプーは経口医薬品ではないので副作用に神経質になることもありません。積極的に「抜け毛予防効果」が高いシャンプーを選ぶのも1つの有効な対策となります。

皮脂を取り保湿を保ち男性ホルモンの影響を弱め毛乳頭の細胞も活性化させる・・・・

■ まず、毛穴と頭皮に溜まった皮脂を取り除く効果の高いシャンプーについて考えてみましょう。皮脂が多いというのは実は、5αリダクターゼのなかでも皮脂腺に多く存在する「1型」が大きく影響していると言われます。毛乳頭細胞に多くあり直接抜け毛に影響する「2型」より抜け毛の原因としては低いと考えられて良いでしょう。
しかし、皮脂は頭皮を不潔にしたり、毛穴に詰まることで育毛剤の有効成分が角質層まで浸透しない原因になります。皮脂はできるだけ取り除くことで育毛剤の効果を高めることができます。
しかし、摂り過ぎると頭皮が乾燥しパサパサになります。そこで、保湿成分の含まれるシャンプーが登場したのです。皮脂を取り除く目的でシャンプーを選ぶ場合は、シャンプーや育毛剤に保湿効果があるものを選ぶと良いのです。柑橘由来の育毛剤やシャンプーが選ばれるのは、こういった理由です。また、効果は高く頭皮柔軟化にもつながるという成果も出ています。

■ 頭皮柔軟化と血流促進効果のある育毛シャンプーは、生薬由来のシャンプーが適しています。シャンプー時に合わせて頭皮をもみほぐすようにマッサージをすると血流の促進にもつながり、育毛効果は高くなります。一般的に、育毛剤の製造メーカーはシャンプーも開発しているので、合わせることもできます。

■ 育毛剤同様の成分配合による抜け毛予防効果のある育毛シャンプーには、アンファーのスカルプDなどがあります。ただし、シャンプーだけで即発毛という結果までは難しいので、やはり育毛剤、サプリメント、補助器具を使いながら頭皮ケアを考えると効果は高くなります。

お勧めの効果が期待できるシャンプーベスト5

■ 注目のリジンシャンプーを紹介します。薄毛の治療にリジンが有効であることから、特に人気の高い商品です。口コミでも「育毛効果を実感」という言葉もあります。アイドラッグストアの製品は日本製で安心。

L-リジンゴールド

コンプリートセット

L-リジン+リアップ

ピオチン

+ノコギリヤシ

■外国製品(ミノキシジル10%配合)やサプリメントをお求めの方へ
現在、日本でミノキシジルを配合した製品は「リアップ」があります。リアップは頭頂部の抜け毛に効果があるとされていますが、薬剤師などの指導を受けて段階的に濃度の高い製品を使用することが安心につながります。同様に「生える」とされる外国製品のサプリメントも自己責任によって服用されることをお勧めします。

■「生える」という広告コピーに惑わされないようお願いします
確かに、最近の育毛シャンプーや育毛剤は、効果が「あがる場合」も少なくないようです。しかし全員に「生える」ということはありません。 育毛剤をつけたら、ニョキニョキ、ふさふさになるという幻想は抱かない方が安心です。
適切なケアをして、気長に効果を待つ。以前、ガンで亡くなった忌野清志郎さんが自身の髪の毛が復活する様子を公開していました。生える条件さえ整えば、生えてくるものです。

最近注目しているナノ化育毛剤

皮膚から薬効成分が浸透することは難しいとされてきました。しかし、最近ナノ化技術が進歩し、薬効成分が毛根まで届きやすくする商品も出てきました。薬効成分が届いてこそ効果は高まります。注目キーワードです。


当サイトについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。 皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関での診察の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。