はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|

ナノ化技術が開発され浸透力は高まったが・・・

育毛剤有効成分の効き目と浸透力との関係
一般的に育毛剤の有効成分は「効果が期待できる」ということができます。その有効成分がどんどん浸透すれば・・・と思いますが、羽毛真千の経験で言うと「浸透率=効果が高い」ということはありませんでした。

2つのタイプの育毛剤を比べてみた結果は?
あくまでも1人が行った実証実験なので、統計的に見て「傾向が見られる」という判断はできませんが、S社のナノ化育毛剤とL社のヘアトニックの2種類の育毛アイテムを比較してみました。3日間、かなりの量を大量塗布した結果は?
本数は数えていませんが、明らかにL社のヘアトニック1本を1週間以内に使いきるぐらいの量を塗布した結果、抜け毛は3分の2程度に減っていました。いっぽう、S社のかなり高い価格の育毛剤でしたが、抜け毛が減った事実は見られませんでした。今もそうですが、1日に2~300本以上抜けているので、「高額」+「ナノ化」=「抜け毛減少」という式は成立しなかったことはとても印象的な出来事でした。

頭皮への浸透力を高める3つの方法
昔から育毛剤にはアルコール成分が含まれています。このアルコールは、有効成分を保護すると同時に頭皮に残る、汚れて固まった皮脂を溶かす役割を持っていて、頭皮への浸透を助ける働きもしているのです。アルコールを付けるとスーとするので血流促進効果があるような印象ですが、実は血流促進効果はほとんどなくて有効成分の浸透の方がより確かな効果ということになります。頭皮浸透を助ける3つのパターンを考えてみましょう。

今ほど育毛剤がない時代、40年以上前の育毛剤でも効果を発揮して若ハゲを抑え込んだ経験から考えると、アルコール成分だけの浸透力でもそれなりに効果はあると考えることができます。
その後、15年ほど前から毛穴の皮脂を取り除くシャンプーが増え、シャンプー後も頭皮がキュきゅっとした状態として感じられるほど皮脂を取り除く洗浄作用が見られるようになってきました。そこで、柑橘系育毛剤をたっぷり使うだけで頭皮はかなり軟らかくなりました。つまり、毛穴から浸透、しかも柑橘系という「血流促進」か「細胞の新陳代謝を助ける」ぐらいの効果しか見込めない育毛剤であっても、頭皮環境の改善という面では大きな成果が表れたことになります。
そして、ナノ化した育毛剤を使った結果は、さほどでもありませんでした。
まったく、おもしろい実証結果だと考えられます。しかし、アルコールはあまりお勧めではありません。最近はノンアルコールタイプもあるほど頭皮への刺激が少ない育毛剤が主流となっており、できればそういう頭皮に負担をかけない育毛剤を選んで、むしろ「有効成分」の効果に期待するほうが良いのではないかと考えられます。
ナノ化した育毛剤はあまり数は多くありませんが、
といった考え方を持っていれば、失望はしないはずです。「どんな育毛剤でも即効性を期待してはいけない」「日本医師会皮膚科学会のガイドラインにあるt-フラボノン」や「ペンタデカン」などの成分を含む市販の育毛剤と組み合わせて使う」、そして「硬く突っ張った頭皮は一筋縄ではいかないので、まず浸透力の高い頭皮に変える」といった使い方が良いのではないかと考えられます。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ

AGA治療薬プロペシアの主成分としてとして知られる「フィナステリド」を1%配合、さらにAGA治療の外用薬ミノキシジル5%配合の育毛剤です。AGA治療専門クリニックの治療と同じ成分のAGAケアが自宅でできます。フィナステリド剤は「飲むタイプ」ではないので副作用のリスクも小さい点がプロミノが注目を集める大きな理由です。

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る