★今日から始める育毛習慣→ 毛根活性| 血流促進| 頭皮洗浄| 生活習慣| ストレス軽減|=40年間抜け毛と戦い続ける羽毛真千の実践マニュアル [それでも髪の毛は生えてくる]

自宅での育毛ケアの基本は午後10時からのシャンプーと育毛剤でマッサージ

■ 抜け毛が多いひとの頭皮には3つの特徴があります。@頭皮硬直化A頭皮ズルズルB頭皮が冷たい
整髪料や汗が皮脂にべっとりとついて雑菌も繁殖。実際に目で見ることはないので気が付きませんが、汚泥まみれの状態です。しかも、悪いことに血流も滞っているので頭皮が冷たい。この症状はこれから寒くなってきて、手で頭皮を触ると温かみがなくひんやりとしていることで確認できます。

■ こうした頭皮の改善は、抜け毛を防ぎ、髪の毛を育てる基本中の基本。
では、どうすればよいのでしょうか。基本は、寝る前のシャンプーにあります。ただ髪の毛を洗うのではなく、しっかりと泡立てて頭皮全体をもみほぐすようにマッサージしながら洗うこと。その際、毛穴につまった皮脂を絞り出すようなイメージでマッサージするとよいでしょう。
毛穴を開くには、育毛サロンではオイルと遠赤外線を使い皮脂とオイルを同化させて毛穴の皮脂を取り除くケアを行います。しっかりと発汗するようにサウナで全身を温めるようなものです。これを頭皮に対して行う。自宅では、ケアナチュラルを使えばよいのですが、もっていない場合は、少し熱めのシャワー水を洗面器に入れ、そこに頭を入れて片手でもみほぐす。これを2〜3回行うことで少し効果は高まります。

■ 髪の毛は、夜寝ているときに活発に育つと言われています。シャンプーで頭皮や毛穴をしっかり洗い落とし、きちんと乾かしたあとで育毛剤を適度に頭皮に与え軽くマッサージをする。この習慣こそ、すべての育毛ケアの基本となります。
こういった基本的なシャンプーケアを行い、育毛剤を使えば次に紹介するレーザーブラシなどを使っても効果がうんと高くなるはずです。

◆発毛率90%の最新発毛『レーザーブラシ』   ◆目に見えないレーザーがあなたの育毛をサポート!!


少しお金はかかりますが、育毛サロンでプロのシャンプーやケアを受けることを思えば安上がりです。育毛サロンでも基本はシャンプーなので、ここさえしっかりと自分でできれば、あとはグッズやサプリメントの効率的な摂取と活用で育毛サロンに近い育毛ケアが実現。自分で頭皮の改善や抜け毛の減少を実感することができるようになります。

お勧め育毛アイテム

ケアナチュラル
育毛キャップ

サプリメントhatto
item name

育毛剤薬用リョウガ
item name

ロゲイン10
item name

ダブルインパクト
item name

M-1育毛ミスト
item name

レーザー育毛機X5
item name

濃密育毛剤ブブカ
item name

リアルラゾンシャンプ
item name

プロピアのブログノ
item name

■外国製品(ミノキシジル10%配合)やサプリメントをお求めの方へ
現在、日本でミノキシジルを配合した製品は「リアップ」があります。リアップは頭頂部の抜け毛に効果があるとされていますが、薬剤師などの指導を受けて段階的に濃度の高い製品を使用することが安心につながります。同様に「生える」とされる外国製品のサプリメントも自己責任によって服用されることをお勧めします。

■「生える」という広告コピーに惑わされないようお願いします
確かに、最近の育毛シャンプーや育毛剤は、効果が「あがる場合」も少なくないようです。しかし全員に「生える」ということはありません。 育毛剤をつけたら、ニョキニョキ、ふさふさになるという幻想は抱かない方が安心です。
適切なケアをして、気長に効果を待つ。以前、ガンで亡くなった忌野清志郎さんが自身の髪の毛が復活する様子を公開していました。生える条件さえ整えば、生えてくるものです。

最近注目しているナノ化育毛剤

皮膚から薬効成分が浸透することは難しいとされてきました。しかし、最近ナノ化技術が進歩し、薬効成分が毛根まで届きやすくする商品も出てきました。薬効成分が届いてこそ効果は高まります。注目キーワードです。

<--/main-->


当サイトについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。 皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関での診察の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。