はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|

加美乃素

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えながら血流改善による発毛促進効果につなげる加美乃素のミネラルヘア 育毛剤

■ AGA(男性型脱毛症)の大きな要因は、5αリダクターゼという酵素とテストステロンが影響してジヒドロテストステロン(DHT)に変わることによる男性ホルモンの影響です。
育毛剤メーカーとしては老舗の加美乃素が発売したミネラルヘア育毛剤は、5αリダクターゼの影響を抑えると言われる亜鉛に注目。さらに、エスニルエストラジオールという女性ホルモンの役割をもたらす有効成分を配合することで、DHTの生成を抑えるという育毛剤です。
加美乃素製品は、育毛剤としての歴史も長く安心して使えるという特徴があります。頭皮の柔軟性が少し残っている、あるいは薄毛が目立つ一歩手前の状態の方に向いています。薄毛の進行が早くなってしまっていたら、DHT抑制効果や発毛効果がもっと見込める育毛剤や発毛剤との併用も考えてみましょう。夜は他の育毛剤ケア、朝出かける前は軽く加美乃素によるケアをするという考え方です。

羽毛真千が注目した理由は「抜け毛の原因」と「頭皮浸透率」

■ 複数の育毛剤を試しながら40年以上もハゲの進行を食い止めてきた羽毛真千が、今回注目したのが加美乃素のミネラルヘア育毛剤(医薬部外品)です。髪の毛の成長や頭皮の保湿に重要な役割を果たす亜鉛に注目したことは間違いありませんが、抜け毛が増える状態でなぜ40年以上前に最初に愛用した育毛剤の加美乃素をまた使おうと考えたのか?
それは、このところ増えた抜け毛の原因を考え、5αリダクターゼの抑制やDHTの生成を防ぐこと、つまり男性型脱毛症の基本的な原因を少し押さえないといけないと考えたからです。併せて、毛根のある頭皮の潤いや保湿環境を整えることで、細胞の新陳代謝を助ける必要があったのです。
髪の毛の根元にあたる毛母細胞から少し上に、バジル領域という髪の毛の細胞の元を作りだす所があります。バジル領域で作られた細胞の元は毛母細胞に移り、血管から補給された栄養素が加えられ髪の毛の成長へとつながります。バジル領域は、薄くて痩せてしまった頭皮だと十分な働きが生み出されません。すると、髪の毛の原料となる細胞も少なく、血流も悪いため栄養分も十分補給されません。当然、髪の毛が育つ環境とは言い難い、痩せ細った状態での細胞の活動は弱くなってしまいます。
この頭皮の硬直化や痩せる状態は、AGAの発症に伴って生じる「結果」です。DHTの抑制とともに、この結果(=頭皮環境の悪化)に即効対応する必要に迫られました。そのため、頭皮ダメージも少ないと考えられる加美乃素が選択肢のⅰつに入ったということです。
そんなときにドラッグストアを訪ねると、加美乃素の育毛剤コーナーには複数の商品が並び、その中の1つに「女性ホルモン配合」というPOPが付けられていました。かつてその加美乃素を愛用した羽毛は、副作用として乳首にしこりができたことがあります。すこし硬い部分があったのです。これは、女性ホルモンの影響でした。その記憶から、加美乃素には女性ホルモンの働きを強める効果があると確信していたのです。
その記憶がよみがえり、原因が男性ホルモンが強いことであれば女性ホルモンの働きによる抜け毛減少効果があるはずだというのが、加美乃素ミネラルヘア育毛剤に決めた理由です。

浸透率の高い頭皮だからすぐに効果が生まれる?

■ 羽毛の頭皮は43年にわたって育毛剤を愛用しているので浸透率は非常に高いものがあります。
特に頭皮が硬い男性は、有効成分を毛乳頭やその周りの細胞に届けることがなかなか難しいと思います。最近はナノテクノロジーの採用で浸透率が高まっていますが、ナノテクノロジーを採用した育毛剤が必ずしもよく効くとは限りません。
加美乃素のミネラルヘア育毛剤は、同じく抗菌作用があるヒノキチオールで包むことで浸透率を高めている点も注目です。
効果は、すぐに表れました。一晩と翌朝の2回少し多めに塗布するだけで、抜け毛は減っています。まず、3分の2、そして半分に持っていけば十分。私の場合、「これだ」と思った育毛剤は、最初はほぼ半月で使い切るぐらい多く塗布します。ただし、こういった塗布の方法は「ミノキシジル」のような頭皮への刺激が強い、逆に発毛効果も認められていますが、育毛剤や発毛剤で行うと、逆に頭皮ダメージが出る場合もあります。ミノキシジルの例だと、発疹や痒みといった副作用です。
そこで、刺激の弱い育毛剤は多めに使い、刺激や影響が大きいと判断した育毛剤は説明書にある容量の半分ぐらいに抑えて様子を見ます。
気になる育毛剤同士の相性ですが、医薬部外品の育毛剤であればほとんど問題ないでしょう。医薬部外品は「治療薬」ではありません。「緩やかな改善効果が見込める有効成分が含まれている」という程度の効き目だということです。つまり「即効性はどちらにしてもない」と考えてよいでしょう。
たとえば、育毛剤成分として有名なセンブリエキスには、血流促進効果(昔から胃の漢方)とともにDHT抑制成分も含まれています(医学的な見地から見た成分評価)。しかも、メーカーからすれば価格が比較的安く、成分も安定しているので「育毛剤の成分」として重宝されているのです。
しかも、厚生労働省もその緩やかな改善効果を認めているため医薬部外品の育毛剤には欠かさないというのが実態なのです。「効くけれども、即効性はない」という育毛剤の特徴をそのまま反映させているのが、センブリエキスなのです。

自分の抜け毛の原因をしっかり見極めれば自分に合う育毛剤がわかる

■ 最近はナノテクノロジーを採用したサントリーのナノアクションを使っていましたが、同時に使ったサクセスの育毛トニック の方が効果が高く、サクセス育毛トニックによる抜け毛の減少は明らかでした。名前ではなく、広告宣伝力ではなく、自分に合う育毛剤はあるものです。
浸透率を高める方法として、シャンプーとシャンプー後のケアがあります。とにかく、シャンプー時は頭皮をもみほぐす絶好のチャンスです。ストレスや紫外線など外部の刺激、そして汚れがたまった頭皮は、皮脂という頭皮にとって必要な存在の「脂とホコリ」が混在しており、弱酸性バランスも崩れかけた過酷の状態になっています。シャンプーはしっかりと泡立てて、頭皮全体をもみほぐすように、また全体をマッサージして柔軟化につながるよう優しくシャンプーをします。

ノコギリヤシやイソフラボンも男性ホルモンの悪影響阻止成分として有名

■ 男性ホルモンの影響が男性型抜け毛のもっとも大きな原因です。ノコギリヤシやイソフラボンもよく知られる成分なので、育毛剤の購入にあたっては成分表をしっかり見て決めましょう。
〇 サプリメント=カプサイシンサプリメント[ダブルインパクト] との相乗効果をもたらす方法も考えてみましょう。

加美乃素製品は安心して使えます。主に、頭皮環境の改善の目的で長く使うと効果がジワリと出てきます。しかし、育毛剤全般に言えることですが「確実性」という面、つまり直接原因であるDHT抑制に働きかけ改善する「治療による効果」を期待することは適切とは言えません。
必要に応じて、
〇シャンプー=細胞の新陳代謝を助けるシャンプーとして注目されている L-リジン ゴールド(L-Lysine GOLD)などを併用してみることもお勧めします。

〇ミノキシジルと治療薬(AGA専門医の治療と同じ)4万人以上が愛用!AGA治療を自宅で!
カークランド製 ロゲイン5% 6本 8月中旬頃入荷予定!フィンペシア 100粒 純正スポイト1本 男性用 2本ずつ3回に分けて発送 フィンペシア付カークランド製ロゲイン5%6本で7,900円 を少しずつ試してみる方法もあります。

加美乃素製品も、単独では万能薬でありません。加美乃素製品は安心して使えると仮定して、サプリメント(食品)の助けを借りたり、シャンプーや治療薬と同じ効果が期待できるミノキシジルやフィンペシア錠などを少しずつ試すケアを組み合わせる方法はとても効果的です。
自分の症状が「初期段階」「中期段階」「最終進行段階」かを見極め、できれば1段階前からさらに進行した状態を想定したケア製品を考え、試すことも重要です。AGAクリニックでの処方や治療以外は自主判断となりますが、製品情報、口コミ情報、そして原因と対処法などさまざまな情報が公開されています。ミノキシジルの発毛実験でも、発毛効果が認められるためには半年は必要です。半年後、1年後の状態を想定して、「DHTの抑制方法はどの方法が良いのか」「頭皮環境を整え改善する方法はどの方法が良いのか」「細胞の新陳代謝をよくする方法はどの方法が良いのか」という3点をまず整理してみましょう。対応できる育毛剤、医薬品、治療方法、そして自毛植毛などAGAの対処法はさまざまあります。
不安な気持ちもあるかもしれませんが、まずできる方法を1つ考え、さらに組み合わせも考えて、育毛剤や発毛剤を選んでみることが大事です。


関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ

AGA治療薬プロペシアの主成分としてとして知られる「フィナステリド」を1%配合、さらにAGA治療の外用薬ミノキシジル5%配合の育毛剤です。AGA治療専門クリニックの治療と同じ成分のAGAケアが自宅でできます。フィナステリド剤は「飲むタイプ」ではないので副作用のリスクも小さい点がプロミノが注目を集める大きな理由です。

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る