はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|
先進成分のキャピキシル5%とピディオキシジル2%の高配合はフィンジアだけ!

発毛治療の基本「血流促進」と成長因子によるAGA治療の進化

キャピシキルはカナダの化粧品メーカーのLUCAS MEYER COSMETICS社の開発した発毛有効成分です。女性ホルモンと同じ働きをするというイソフラボンの効果と同じですが、発毛効果はミノキシジルと3倍という実験データも公表されています。
血流促進効果とともに5αリダクターゼの作用とDHTの産生を抑える効果があると考えられているミノキシジル以上の効果が期待できるという点で注目を集めている発毛有効成分です。

AGAの進行が始まると、血流が不足し、頭皮も痩せて、髪の毛も細く、1つの毛穴から生える髪の毛も1本(通常は2本~複数)になります。頭皮が硬く冷たく、薄毛の状態です。原因と対策を語るときに「ヘアサイクルの乱れ」「血流促進」「頭皮改善」というキーワードが使われますが、根本は「髪の毛が生まれる回数」が減り、「抜けるまでの期間が短くなっている」状態です。そんな細胞の働きを活性化させるためのキーワードとして注目されているのが「成長因子(=グロースファクター)」です。
ただし、魔法のAGA治療法ではありません。ミノキシジルは血流促進効果によって発毛すると言われていますが、その作用の1つとしてVEGF(血管内皮細胞増殖因子)による血流改善効果があると考えられています。成長因子はAGA改善方法として期待はできますが、それでもAGA改善の最終手段ではありません。「発毛を促進する」1つの選択肢として考えることにしましょう。

AGA治療の基本は「抜け毛を止める」と「発毛を促す」、そしてもう1つ方法とは・・・・
AGA治療の基本は「遺伝的に受け継いだDHT」の作用を抑えることと、ミノキシジルによる「血流促進」です。ただし、最近注目されるようになった方法が「成長因子」の働きによって「毛母細胞を活性化させる」ことによって発毛を促進する方法です。
以下のようなAGAの改善効果が期待できます。

  1. 成長因子の助けを借りてヘアサイクルの乱れを改善する
  2. 年齢が上がり成長因子は減少することから中高年齢層や女性の毛母細胞分裂の改善を促す
  3. 成長因子の助けを借りて産毛も生えなくなった部分の細胞分裂を改善する
成長因子に期待するケア法は2つある
まず「成長因子=100%発毛」という期待はひとまず忘れましょう。「自宅ケア」と「AGA治療」です。 自宅ケアであれば「AGA対策」の1つの選択肢として自分の症状と重ねて判断することが重要です。成長因子はAGA治療専門クリニックで治療として行うこともできます。一般的には「HARG治療」と呼ばれ、成長因子を含むHARGカクテルを注射で頭皮に注入する方法です。特にAGAが進行し髪の毛が生え状態、頭皮が突っ張り毛包組織そのものが小さくなっている場合の治療法として行われています。
  1. 自宅でできる成長因子による頭皮ケア
  2. AGA治療専門クリニックのHARG治療
1.成長因子を含むスカルプエッセンスの活用
成長因子を含むスカルプエッセンスも登場しています。
ポイントは「育毛剤」(医薬部外品)」ではないという点です。モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dは、キャピシキル5%、リデンシル5%を含んでおり、有効成分としては先端を走っていると言えます。キャピシキルはカナダの化粧品メーカー、リデンシルはスイスの化粧品メーカーが開発した、それぞれAGAケアに有効だとされ注目されている成分です。
【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper】
2.AGA治療専門クリニックのHARG治療
髪の毛の成長に必要だとされる成長因子として5つ挙げることができます。クリニックは症状に応じて注入薬(カクテル)を作り、注射によって注入します。医療行為であるため、専門のクリニックで治療を行います。
効果やHARG治療そのものの効果については反対の意見もありますが、医師の指導の下で治療を行うため一定の安心は担保できます。

そして「キャピシキル」があります。カナダの化粧品メーカーが開発した有効成分で、ミノキシジルの3倍の発毛効果があったというメーカーの実験結果とともにネット上で紹介されています。
リデンシルは、バジル領域という毛母細胞で髪の毛が成長する「細胞のもと」を作りだす部分に作用する成分として注目されている成分です。
AGA治療専門医が全てHARG治療を行うわけではない
AGA治療の多くは、大都市圏にある専門のクリニックで行われています。地方の中小都市には専門クリニックはないため皮膚科でも対応しますが、一般的にはプロペシアの処方などに止まる場合もあるようです。ザガーロの処方、あるいはHARG治療、植毛など、クリニックによって治療方法が違います。成長因子による治療も、全てのクリニックが専門性の高い治療を行っているわけではないので注意が必要です。 専門クリニックで無料相談を予約し、希望すればその場で問診や血液検査を受けることもできます。治療方針に基づいて処方してもらえるので安心です。
個人輸入サイトから購入する場合は、「皮脂量が大量ではないか」をまず考えます。基本は、5αリダクターゼの1型にも2型にも対応するデュタステリド錠剤を購入します。
量は厳守なので、できれば最初は規定量の3分の1程度から開始して体調に変化がないか安全を確かめます。ただし、神経質になり過ぎると逆に副作用となる場合もあるので信じて服用することが基本です。インドの大手製薬メーカー製品が多く、流通プロセスを除けば製品そのものの信頼性は信じても良いというのが一般的な理解です。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ

キャピシキルは現在、厚生労働省が認可した育毛有効成分ではありません。そのため、医薬部外品としてではなく「化粧品」の分類なのでローションなどのネーミングで販売されています。
医薬部外品としての認可は、センブリエキスなど血流改善効果やDHTの抑制効果があると考えられ「緩やかではあるけれども抜毛の改善に一定の効果が認められた成分を含む」ことが条件となっています。キャピシキルが認可されていないのは、開発後間もないことが挙げられます。
しかし、キャピシキルには効果は認められないのか、ということになると話は違います。効果と医薬部外品は成分として国が認めているのかどうかの違いです。しかも、キャピシキルの安全性はミノキシジルのような医薬品とは異なり確実に高いと言えます。ちなみに、「医薬品」とは、改善効果が見込める薬品を含むという分類上の定義があり、リアップは第一類医薬品の「発毛剤」として販売されています。

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper】
  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る