はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|

40代のAGA対策~シャンプーを使い頭皮を清潔で健康な状態に改善

40代のAGA発症率は30~35%
40代になるとストレスや頭皮そのもののダメージが大きく蓄積されています。5αリダクターゼがテストステロン(男性ホルモン)と結合してDHT(ジヒドロテストステロンと呼んでいる)が生成される、いわゆる遺伝によるAGAとともに、環境要因の蓄積が発症要因となることも考えられます。

頭皮の匂いがしていないか皮脂臭くないか?
ビジネスマンであれば身だしなみを整えるために整髪料を使っていることも考えられます。抜け毛が増え、薄毛が明らかに進行していることがわかったら、頭皮の「匂い」をもう一度確認してみましょう。まず、指先で頭皮を触ると「ズルズル」とした脂分が着いて、鼻でかぐと異臭を伴っていませんか。
こうしたケースは、頭皮が完全に傷んでいます。その理由は2つあります。

対策はシャンプーと育毛剤とプロペシア
まず「シャンプー」を変えます。これまで女性用のシャンプーを使っていたり、安価な男性用シャンプーを使っていたら、即止めます。進行することはあっても、抜け毛が止まることはありません。
アミノ酸シャンプーは頭皮に優しいシャンプーです。まず、頭皮は弱酸性が皮脂膜によって維持されています。しかし、皮脂が過剰であったり、アルコール系の整髪料を使い続けた結果、頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌される頭皮環境になった可能性もあります。
過剰な皮脂は、汗やホコリなどの汚れとともに雑菌の温床となります。雑菌が増えると、匂いが強くなります。簡単なケアとしては、アミノ酸シャンプーで丁寧に泡立てて髪の毛や頭皮の汚れを洗い落とすことを、毎日続けます。1週間程度で改善します。
次に育毛専用シャンプーも有効です。シャンプーの成分のなかに、センブリエキスやノコギリヤシなどの育毛有効成分を含むシャンプーです。洗浄力も強いので、皮脂汚れもよく落ちきます。毛穴の皮脂を落とす洗浄タイプもありますが、皮脂を落とし過ぎると頭皮の潤いや保湿がなくなるため逆に抜け毛が増える可能性があります。シャンプーで、頭皮がパサパサしてフケが目立つと頭皮が乾燥している可能性があります。
最後に、個人輸入サイトで販売されているリジンなどアミノ酸や育毛有効成分が含まれるシャンプーを使う選択肢もあります。飲む発毛剤ではなく、ミノキシジルなどの強い刺激ではないので比較的安心して使えます。ただし、外国人向けに作られた製品なので日本人のなかでも肌が弱い人は注意が必要です。

食生活や喫煙習慣はなかなか理屈どおりに改善できない
30代と言えば仕事を夜遅くまでこなさなければいけない年代です。コンビニ夜食も食べるし、喫煙習慣があればタバコも増えるでしょう。ストレスも重なります。これらを「止めるべきだ」ということは簡単ですが、そうはいきません。
「喫煙」は体にとっても、将来の健康面からも控えた方が良いことは確かですが、まず先に「夜、帰宅してから寝る前の頭皮ケア」と、「朝、出勤前の簡単な頭皮ケア」だけは開始しましょう。
アミノ酸シャンプーと育毛トニックを使った簡単なケアで効果が出れば継続します。頭皮の保湿力を改善したり血流促進に関して一定の効果が表れていることになります。有名メーカーの製品であればペンタデカンやt-フラボノン、センブリエキスといった改善効果が期待できる成分を含んでいるので信頼して使っても良いヘアケア製品です。 ただし、このケアは「対処療法」なので、根本原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響を抑える確かな効果は期待できません。男性ホルモンの影響を抑える方法は複数あります。 などが考えられます。サプリメントとシャンプーは少し金銭面の負担はありますが、安心して使うことができます。
3つ目のフィナステリド錠ですが、AGA治療専門医でも使う治療薬です。個人輸入で購入することができます。ただし副作用のリスクもあるため、最初は決められた量の半分か3分の1程度に割って少量から試すことが基本です。焦りは禁物です。AGA治療なら、フィナステリド錠とミノキシジルの組み合わせが基本です。
  1. 育毛トニックなどで効果を見る
  2. DHT対応も考える
  3. AGA治療と同じ方法を考える
AGAを改善する方法は複数あります。しかし、1か月後に全て抜けるわけではありません。まず、焦らず「安全」で「緩やかな改善効果」を出すことから始めて様子を見ます。いきなり「フィナステリド剤」や「ミノキシジル」を使うよりも、頭皮が育毛剤に馴染むようにしておけばいざという時に高い効果につなげることができます。

3か月程度で頭皮の弾力が少し戻れば理想的
最近の育毛シャンプーや育毛剤は、頭皮の柔軟性を回復する効果が期待できます。3か月後をめどに、頭皮のツッパリが少し改善され、極端に冷たい状態が改善されれば、安心してケアを継続しましょう。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ

AGA治療薬プロペシアの主成分としてとして知られる「フィナステリド」を1%配合、さらにAGA治療の外用薬ミノキシジル5%配合の育毛剤です。AGA治療専門クリニックの治療と同じ成分のAGAケアが自宅でできます。フィナステリド剤は「飲むタイプ」ではないので副作用のリスクも小さい点がプロミノが注目を集める大きな理由です。

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る