はげないTIME10ロゴ

お問い合わせ

大量に抜けても発毛すればハゲは防げる~就寝後4時間でバジル領域から毛母細胞を蘇らせる羽毛真千のオリジナルメソッド!

★羽毛真千の [それでも髪は生えてくる]1日200本以上の抜け毛| 頭皮が冷たく薄くて硬い| ストレスと喫煙| カラーリングで大量のフケ|

日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)

医師がAGA治療に使う治療薬はコレだった!
日本皮膚科学会がネット上に公表している資料「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」があります。医師がAGA治療に使う薬の成分を紹介しています。ちょっと古い資料なので新しく開発された注目成分(医薬品)は含まれていないかもしれませんが、その中で「推奨度」を「AからD」に区分しています。意外と注目しなかった、たとえばドラッグストアや薬局で簡単に手に入る安価な育毛剤の成分も浮かび上がってきます。ネット上の「医薬部外品」情報に踊らされず、医療のなかで使われる成分なので育毛剤選択の判断材料の1つとなります。

Aランクは「ミノキシジル」と「フィナステリド」
男性型脱毛症に「ミノキシジルの塗布は有用?」に対して、男女とも「Aランク」で紹介しています。 もう1つは「フィナステリドの内服」です。
この2つは、AGA治療専門クリニックでの治療方針と同じです。ミノキシジルは大正製薬のリアップとして知られ、血管拡張作用から発毛が期待できる有効成分です。ミノキシジルは女性のFAGAの治療薬としても「Aランク」となっています。 フィナステリドは「内服」とありますが、DHTの生成や働きを抑える治療薬の1つです。
ガイドラインには掲載されていませんが、最近は治療にデュタステリドも使われています。フィナステリドはおもに皮脂腺に存在する5αリダクターゼ1型阻害薬、デュタステリドは前頭葉や頭頂部に多く存在する5αリダクターゼ2型阻害薬です。治療効果はデュタステリドの方が高いと言われますが、医師は血液検査の結果や診察を経て処方や治療方針を立てています。

塩化カルプロニウムを含む育毛剤は「カロヤン」
「C1ランク(=用いても良い)」に塩化カルプロニウムがあります。「カロヤン」という育毛剤に含まれる有効成分という4と、「そうか!」と思うかもしれません。製品は進化していますが、育毛剤としては40年の歴史を持っています。羽毛真千も20代から30代半ばまで使っていた、馴染み深い製品でもあります。
塩化カルプロニウム単独での効果は認められていないようですが、カシュウチンキやチクセツニンジンチンキといった生薬を加えた「カロヤンアポジカ」と、育毛剤の定番成分であるヒノキチオール(おもに殺菌の作用)を加えた実験のデータを紹介しています。
塩化カルプロニウムと生薬は30例で有効20%(12週)、やや有効が60&%以上です。さらにヒノキチオールを加えると86例の改善率は男性26.7%・女性54.5%(24週)、軽度の改善率は男性89.3%・女性90.9%であったことから、「実証されていないが外用として推奨する」と記されています。
第一三共ヘルスケアの「NFカロヤンアポジカΣ」は、第三類医薬品です。製品案内には「血行促進作用のあるカルプロニウム塩化物とともに育毛生薬を2種含む」と紹介され、カシュウチンキは余分な皮脂を取り除く作用、チクセツニンジンチンキは毛根を刺激する作用があるという記述があります。

育毛剤に含まれる有効成分は効くのか?
次に、医薬部外品として販売されている育毛剤成分を見てみましょう。t-フラバノンを含む5成分が「推奨度C1」(セファランチンはC2)とされています。

t-フラバノン
花王の「サクセスバイタルチャージ」や「サクセス育毛トニック」に含まれる成分が、t-フラバノンです。他の育毛剤との単純比較で、t-フラバノン配合育毛剤は軽微改善が約53%だったのに対し一般の育毛剤は約35%だったということで、t-フラバノンそのものの有益性はあるという判断から「副作用も軽微なこともあり外用療法として推奨」という判断が記されています。
女性の有益性は不明とされています。
花王のホームページを見ると、t-フラバノンは毛乳頭細胞で産生され抜け毛につながる「TGF-β」の活性化を抑える効果があるようです。花王は「女性にも効果が見込める」と紹介しています。

アデノシン
アデノシンは資生堂の育毛剤「アデノゲン」などに含まれています。男女とも軽微改善は80%を超えるなど、脱毛の予防にも効果が認められ副作用も軽微な点からも「外用療法として推奨」しています。
資生堂のホームページを見ると、アデノシンは体内にもあり血行促進、発毛促進因子の「FGF-7」の産生とともにヘアサイクルを延ばして太い髪の毛に育てる効果があると紹介しています。

サイトプリン・ペンタデカン
ライオンの育毛剤「毛髪力INNOVATE」に含まれる成分です。ガイドラインはサイトプリンとペンタデカンをそれぞれ分けて評価していますが、ペンタデカンは76%という一定の効果は見られていることから結論として「推奨する」という判断をしています。女性の有益性は不明となっています。
ライオンのホームページを見ると、サイトプリンは発毛促進シグナルを増幅させ、ペンタデカンは髪の毛の成長に欠かせないケラチンの合成を進めるエネルギーを供給する役割があるとされています。

セファランチン~用いない方が良い
セファランチンは、同じ日本皮膚科学会の「円形脱毛症診療ガイドライン2010」のなかで、円形脱毛症の内服を「併用治療として用いても良い」としていますが、男性型脱毛症の治療のなかの外用薬としては「臨床試験で実証されるまでは用いない方が良い」と記しています。

ケトコナゾール
聞き慣れない成分ですが、学会は「皮膚科医の評価から増毛のやや改善が76%」ということから有効性が示されたと判断しており、「使用しても良い」としています。日本では、ケトコナゾール外用薬はありません。
ケトコナゾール成分は薬として処方されていますが、特にケトコナゾールだけが他の成分と比較して優れているわけではなさそうです。いんきんたむしやカンジタ症、水虫といった抗真菌クリームとして販売されており「脱毛の予防効果も」という説明も記されています。

関連情報はこちらで詳しく紹介しています

●40年以上ハゲの進行を止め続ける3つのポイント
3度の節目を乗り越えたキーワード「早期に開始」「継続の徹底」「迷わず行動」を誤ったケアとともに解説します。 解説ページ

●日本皮膚科学会ガイドラインが認める有効成分
日本皮膚科学会がAGA治療に効果を認めた成分を公開しています。ミノキシジルから市販の育毛剤成分などを解説します。解説ページ

●AGA治療と同じ成分~個人輸入を購入するポイント
5αリダクターゼ阻害薬と同じ成分の薬は個人輸入で購入できます。キャピシキルやリジンなど注目成分も手に入ります。 解説ページ


AGA治療の基本は「イソフラボン=DHT抑制」と「血流促進=発毛」の2点。イソフラボンとカプサイシン効果が「Wインパクト」の名称となっています

はげないドットコムについて

運営:新聞de元気山口編集La★bo→ サイト
実体験に基づく育毛ケア法の紹介とともに、40数年前とは格段に進化した市販の育毛剤を効能とともに紹介。AGAで悩みを持たれている皆様の自宅ケア及び、サロンや医療機関でのAGA治療の参考にしていただく目的で情報を掲載しています。

  • 自宅ケア
  • 育毛サロン
  • AGA治療専門クリニック
  • HARG治療
  • 植毛(FUE/FUT)
  • 増毛・カツラ

有効成分の解説

頭皮改善対策の解説

重要キーワード

ページのトップへ戻る